黄土を使った化粧土作り
つくる陶磁郎・最新号でも紹介されていた西浦商事さんより購入した白化粧土(N-123)に、サンプルで頂いた黄土(6-2)と黒雲母(G-64)を調合し、化粧土を作成しました。
e0062114_21515919.jpge0062114_21521927.jpg
西浦商事さんより「黄土を10%調合して下さい」と教えて頂いたのですが、調合方法がよくわからず、とりあえず、黄土を乳鉢にて購入した白化粧土と同じ感じに泥状に。
それを、白(95.0):黄(5.0)
     白(92.5):黄(7.5)
     白(90.0):黄(10.0)
     白(87.5):黄(12.5) の割合でそれぞれ調合し、ゴマゴマが出るようにと黒雲母を外割で1調合しました。
本来は重量で計るのでしょうが、自分がわかればいいと言う事で、体積にて調合しました。
道具は写真で見た通り、軽量スプーンにて。乳鉢以外の道具は全部100円ショップにて揃えました。邪道なところが素人ならではです。

明日の陶芸教室にてサンプル用に作成したぐい呑みに化粧かけする予定。
しかし、今、ukkyさんのブログを見てちょっと不安に…。
同じように黄土を添加した化粧土が剥がれているではないですか!
うーむ、使用する粘土でも混ぜた方がいいのかなぁ。

そのukkyさんの記事にトラックバック
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-07 22:15 | 作陶過程
<< 化粧かけ 「定植2週目」ゴーヤ日記 >>