<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
セダム
e0062114_15262713.jpgラディッシュを栽培する為に作った植木鉢ですが、ラディッシュを育てるには小さ過ぎたのと、自分で作るよりも買った方が美味しいので、結局、観賞用の植物を植えてしまいました。
セダムという多肉植物ですが、詳しい名前はわかりません。どんどん増えてしまい、かなりこんもりとしています。

【関連記事】
ラディッシュ(07/09)
#152 植木鉢(06/05)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-11-27 15:33 | 植物 | Comments(0)
「喜久福」喜久水庵 菅生P.A.店(上り線)~宮城県柴田郡村田町
e0062114_0483553.jpg帰省中、何気に買った生クリーム大福が美味しかったなぁと思い出し、出張の際、ダンナに買って来てもらいました。
宮城では有名な茶屋、お茶の井ヶ田の喜久水庵です。宮城に限らず、茨城を含め関東にもたくさん店舗がありました。
味は、生クリーム、抹茶(写真)、ずんだ、ほうじ茶の4種。どれも、うまし!生クリームと抹茶は、想像の範囲内の味ですが、ほうじ茶は香ばしさと、こし餡との相性がほど良い。あと、宮城ならではずんだ!…と思ったら、山形県鶴岡産のだた茶豆を使用しているようです。味の追求をしたらだた茶豆の方が良かったと言う事ですかね。さすがだた茶豆、お豆の味が濃い気がします。個人的にずんだ系お菓子、No.1かも!

【data】
喜久福(4種詰合せ16個入) 2000円

喜久水庵 菅生P.A.店(上り線)
宮城県柴田郡村田町

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-11-25 23:09 | グルメ | Comments(2)
「天然水」エビ日記
e0062114_14234100.jpgやっぱり天然水だね!

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-11-23 14:23 | エビ | Comments(2)
#159 炊飯釜
e0062114_1735150.jpg炊飯釜が完成致しました。
大きさは、2合サイズぐらい。
実は、この炊飯釜、4回も本焼きを実行!内側の釉薬の仕上がりに納得がいかず、4回も本焼きしてもらったのです。本来、本体と蓋の間に道具土を挟んで焼成するらしいのですが、蓋を受ける場所が内側に斜めになっているため、道具土が焼成中に落ちてしまうのではないかと心配し、何も挟まず焼成。すると、内側は、ザラザラボコボコ、溶岩が解けたみたいな感じに。
その後、温度を上げ本焼き、蓋を完全に取って本焼き、最後に温度を1270度ぐらいまで上げ本焼き…。
e0062114_187690.jpgで、結果的に、ザラザラボコボコは解消されず、失敗に終わりました。きっとこれでご飯を炊いても、こびり付いて使いづらいだろうなぁと。
ご飯の炊きあがり具合は後日。

【data】
#159 炊飯釜
(φ18.0×17.0cm)×1

粘土…白耐火
釉薬…黒マット
焼成…還元

【関連記事】
炊飯釜の削り(10/14)
炊飯釜を作る(10/07)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-11-20 17:31 | 陶芸作品 | Comments(2)
元祖あんこう鍋 山翠~茨城県水戸市
e0062114_201372.jpgダンナの友人がご来県。せっかくなので、茨城の郷土料理、あんこう鍋を食べに行きました。
予備知識なく、元祖あんこう鍋 山翠さんというお店へ。茨城のあんこう鍋と言えば、どぶ汁が有名ですが、山翠さんの元祖あんこう鍋はちょっと異なり、あんこうの肝を地味噌にすりこみ、炭火で炙ったという、秘法焼きみそというのを出汁に溶かしたお鍋です。お酒が好きな方であれば、あん肝の味が濃いどぶ汁の方が好みかもしれませんが、私は、ほんのりとあん肝の香りがする、あっさりお出汁の、山翠さんのあんこう鍋が方が好み。
夫婦二人ではなかなか行かないお店に行けて良かったです。良い食事会でした。

【data】
あんこう鍋(3人前) 9135円

元祖あんこう鍋 山翠
茨城県水戸市泉町2-2-40
029-221-3617

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-11-18 20:42 | グルメ | Comments(0)
ネピア住宅
e0062114_1645384.jpg写真を整理していたら、昔撮った、ネピア住宅発見。
さすが紙の街、苫小牧。王子製紙の社宅ですかね。
いっそのこと、全部の住宅をネピア柄にすればいいのにー。歴代のティッシュがあったら楽しそう。

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-11-17 16:11 | その他 | Comments(2)
「けし餅」小島屋 大阪タカシマヤ~大阪市中央区
e0062114_21255837.jpgもうひとつの大阪土産、小島屋さんのけし餅です。八百源さん同様、こちらも岸朝子先生の本に紹介されているお菓子。
想像通り、けしのプチプチ感が良い感じ。若干、中のこし餡の甘めかなぁと思いましたが、なかなかの美味。なんか懐かしいお菓子でした。けしの実のせいでしょうか?お寺が似合いそうな神々しい感じ。
さて、ものすごい数のけしの実。「この中の1個ぐらい、土に植えたら生えるかな?」とダンナ。おバカな発想をするものです。

【data】
けし餅(6個入) 882円

小島屋
大阪府大阪市中央区難波5-1-5
大阪タカシマヤ 東館B1F

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-11-12 21:52 | グルメ | Comments(0)
「肉桂餅」八百源来弘堂 大阪タカシマヤ~大阪市中央区
e0062114_23185597.jpg大阪出張を控えているダンナに、何か良い土産はないかと、岸朝子先生の本を読みながら、いろいろ考えておりましたが、やはり、地元の方に聞くのが一番。そこで、wankoさんに、お勧めの大阪土産はありますか?と尋ねたところ、八百源来弘堂の肉桂(にっき)餅を教えて頂きました。ニッキを使ったお菓子といえば、名前の通りのニッキ飴、シナモンのかかったアップルパイ、一番近いお菓子なら生八つ橋でしょうか。とはいえ、とろける様に美味しいという肉桂餅、どんな代物なのか、とても気になる!常設で、大阪市内で買えるのは、大阪タカシマヤのみ。難波に行く予定のなかったダンナに、難波を通るルートに変更し、買って来てもらいました!
さて、箱を開けると、ニッキの香りがふわっと広がる。とろける様に美味しいというのも納得で、軽く持っただけで、お餅が潰れてしまいそう。柔らかいお餅の中には、甘さが控えめな上品なこし餡。初めて食べました、このような香りと食感のお菓子は。ニッキとこし餡との相性が絶妙です!八百源来弘堂の本店に行くと、肉桂餅以外に、ちぬ乃月という芥子餅や、ニッキを使ったカステラ、季節のロールケーキなどいろいろあるようです。堺市に行くことがあったらぜひ買ってみたいです。
良いお菓子を紹介して頂きました。wankoさん、どうもありがとうございます。

【data】
肉桂餅(5個入) 1150円

八百源来弘堂
大阪市中央区難波5-1-5
大阪タカシマヤ 東館B1F 和菓子銘菓コーナー

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-11-12 00:12 | グルメ | Comments(0)
「えいっ!」エビ日記
e0062114_0514093.jpgカマキリがいるね。
ここは、僕がくつろぐ場所だよ。
どこかへ行って下さい。
えいっ!

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-11-10 23:50 | エビ | Comments(4)
浅めの土鍋の削り
e0062114_1413668.jpgいい加減な腕で挽いてしまったせいで、いろんなところが歪んでしまい、本体が少し楕円ぎみ…。蓋がきちんと収まるのか心配しましたが、強引に先生に円形にしてもらいました。本焼きまで、保てるか心配…。

【関連記事】
浅めの土鍋を作る(10/28)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-11-06 23:40 | 作陶過程 | Comments(0)