<   2009年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
神路山焼と、もうひとつは…?
e0062114_11134352.jpgずいぶん前に、この器はどこの焼き物なんでしょうか?と、陶芸.comさんのBBSで尋ねた事があり、その時に、これは「神路山焼」の器だと言う事がわかりました。伊勢名物の赤福の茶屋で使われている器が神路山焼らしく、三重県宇治山田市(伊勢市)倉田山で1905(明治38)年に神山宇之助が焼いたものを言う…と、とあるサイトに書いてありました。

e0062114_0104223.jpg
e0062114_11225728.jpgそう言えば、もうひとつあるなぁと思い出しました、名前のわからない器が。
永…なんとかと書いてありますが、学のない私では読む事が出来ません。
e0062114_1127093.jpg骨董に興味のある方なら、すぐにわかるんでしょうか?

ちなみに、これら二つの杯は、祖母が実家であるお寺から頂戴したもので、それを私が頂いちゃいました。趣味で陶芸をしているとは言え、骨董に知識のない私が持つのはもったいないですよね。まぁせめて、どこの窯で生まれたものなんか知っておきたいなぁと。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-26 11:46 | 陶芸 | Comments(6)
「至福」エビ日記
e0062114_1195753.jpg寝返りをしつつ、伸びをして、ベストポジションのこの瞬間が、まさに至福だよね。

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-23 11:16 | エビ | Comments(4)
ご飯釜ver.3の釉かけ
e0062114_015309.jpgご飯釜ver.3の釉かけをしました。色は黒マット釉薬です。
さて、見てわかる通り、蓋が重なるところも釉薬を施しています。本体と蓋を別々に焼成する予定です。前回のような、本体と蓋が一体化してしまうリスクはないが、歪んで焼きあがってしまい蓋がうまく合わないリスクがあります。さて、どうなる事でしょうか…。

【関連記事】
ご飯釜ver.3の削り(02/14)
#145 ご飯釜(02/06)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-20 23:14 | 作陶過程 | Comments(2)
「十勝川西長いもシフォン フルーツ」六花亭~北海道帯広市
e0062114_12511657.jpg私の誕生日の時に、ダンナのお母さんから、六花亭のお菓子を頂きました。写真は、十勝川西長いもシフォンのみですが、他にもたくさんの六花亭のお菓子を頂きました、いつも、いつも、ありがとうございます!
さて、このシフォンのパッケージには、
膨張材を使わずに、ふわふわのシフォンができないだろうか。長年の課題に力を貸してくれたのは、十勝の名産品・長いもでした。膨張材の代わりに長いもを使い、ふんわり、しっとりと仕上げた『十勝川西長いもシフォン』。見た目にはかわりませんが、生まれ変わったシフォンケーキです。「食べものには安全でなければいけない」私どもの信念です。
と、書かれています。
一昨年ぐらいに道内の新聞に掲載された、六花亭の社長のコラムが発端となり、生キャラメルがヒットした田中義剛氏の六花亭批判というのが話題になりました。「残念ながら、今のところ、私どものお菓子には道産小麦の出番はありません」と、書いてしまうのは問題でしょう。ほとんどの人がこのコラムの言葉の意味をそのまま受け取るのは想像が出来たはずですし、傷ついた農家の方もいらっしゃった事でしょう。しかし、六花亭がどれだけ真摯に誠実にお菓子作りをしているか、そして、どれだけ北海道の社会に貢献しているのか、そのコラムにはたくさんの思いがあるのだろうと察するのです。岸朝子先生の本 全国 五つ星の手みやげの永六輔さんとの対談の中にも、あの辛口の永六輔さんが、六花亭が地元に、文化に、どれだけ貢献してきたかという事に触れ、「お菓子作り以外のことでどう町に尽くしているかっていうのが評価されれば、有名になっても、大きくなってもいいと思う。」と、書かれています。
さて、長くなってしまいましたが、六花亭のお菓子への姿勢は、このシフォンケーキの言葉に尽きるでしょう。六花亭のお菓子のほとんどは日持ちがしません。お土産として致命的です。でも、添加物を使いたくないという六花亭のお菓子への誠実な現れだと思います。

【data】
十勝川西長いもシフォン(フルーツ) 480円

六花亭 本店
北海道帯広市西2条南9丁目6

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-19 13:57 | グルメ | Comments(0)
「ボタン」エビ日記
e0062114_051255.jpg僕の鼻はボタンじゃないよ!

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-17 00:54 | エビ | Comments(0)
CAMPER 釜山店~韓国
e0062114_22505179.jpg韓国土産第3弾です。
出張中、韓国はセールの時期、さらには円高なので、お気に入りのCAMPERを、釜山にあるLOTTE DUTY FREEで、買って来てもらいました。
初めてCAMPERを買ったのは10年ぐらい前。それから、普段履いている靴はCAMPERばかりです。CAMPERは日本で買うと26000円ぐらいでしょうか。日本では、季節物の商品は値下げするけれど、私が好む、定番商品などはあまり値下げしない事が多いです。それなのに、韓国ではこの靴、定価232USDのところを、ほぼ半額の119USDに!この日のレートは89.34円/USDなので、10631円!CAMPERがこの金額で買えるなんて!すごい、すごーい!
ホットクに、お菓子に、CAMPERといろいろ買ってきてもらいましたが、ダンナは自分の物は何一つ買わずに帰ってきました。申し訳ないねぇと言いながら、CAMPERを履いて浮かれている私です。

【関連記事】
韓国のお菓子~韓国(02/11)
Q1 ホットクミックス~韓国(02/09)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-15 23:50 | その他 | Comments(4)
ご飯釜ver.3の削り
e0062114_1223458.jpgご飯釜ver.3の削りをしました。
成形時、取っ手の形が想像つかないと書きましたが、あえて、本体の取っ手は付けない事にしました。取っ手をつけるとせっかくの土鍋のラインが台無しになるかなぁと思いまして。
e0062114_12112713.jpgあと、蓋の取っ手は、ボテっとした形に。さらに、その取っ手にサインをしました。可愛らしい感じに仕上がりました。
今回はうまくいきますかねぇー。

【関連記事】
#145 ご飯釜(02/06)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-14 12:26 | 作陶過程 | Comments(4)
「きのこ」エビ日記
e0062114_18572088.jpg僕はきのこじゃないよ。
きのこの傘を頭に乗せるのはやめて下さい。

【関連記事】
「きのこポット」カファレル~兵庫県神戸市中央区(02/05)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-12 19:00 | エビ | Comments(2)
韓国のお菓子~韓国
e0062114_1203973.jpg韓国土産第2弾です。
一番上の「「ロッテ チョコパイ」」は本家の商品ですが、それ以外のお菓子たち…。「森永 おっとっと」みたいなやつだったり、「明治 きのこの山」みたいなやつだったり、「ネスレ Kit Kat」と、さすが韓国ですねぇ…。
ちなみに、Kic Kerのパッケージにハングル文字で書いてありますが、これを読むと、「キッカゥ」と聞こえ、本家のKit Katのパッケージに書かれているハングルを読むと「キスッケス」と聞えるらしい。んーこれだと、Kic kerの方が本家の発音に近い?すごいな韓国、パクリも奥が深いです。

【関連記事】
Q1 ホットクミックス~韓国(02/09)
韓国土産(2008/06/25)
韓国土産(2007/07/02)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-11 12:25 | グルメ | Comments(0)
「エコ?」エビ日記
e0062114_1617220.jpg今日はatsumiの誕生日だね。
gremzさんも粋な事するね。でも、エコを意識し過ぎじゃない?ろうそくの本数がかなり少ないよ。

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-10 16:20 | エビ | Comments(6)