<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
炊いてみました。
e0062114_1314529.jpgこの間、焼きあがった土鍋でご飯を炊いてみました。
実は、この土鍋でご飯を炊くのは3回目。
今まで鋳物やステンレスの鍋でご飯を炊いていたのですが、その要領で炊くとどうも美味しくない。せっかく作った土鍋、せめて、電気炊飯ジャーよりは美味しく感じたい!
と言う事で、インターネットでいろいろ調べ、伊賀焼かまどさん方式で炊いてみることにしました。

まずはお米3合炊いてみました。水は多めという事なので600ccにし、20分ほどひたしました。その後、中強火でシューッと湯気が出るまで待ち(18分かかりました)、2~3後に火を止める。で、20分蒸らします。
e0062114_1412021.jpge0062114_141065.jpgそして、これが炊き上がったご飯です!お米の艶感がわかるでしょうか?ちょっと、水が多かったかしら?とも思いましたが、いやいや上出来でございます。

あと、お米の対流を狙って、底の中心が盛り上がるような形状にしたのですが、実際、その効果があったかは分からず…。一番最初に、お粥を炊いた時、お米の対流をチェックしましたが、なんとなく?狙い通りに対流しているような気は…どうなんですかねぇ。
でも、言える事は、お米が混ぜづらいです!たとえ味が良くなったとしても、使い勝手は良くない…オススメは出来ませんねぇ~。
e0062114_155288.jpge0062114_1554845.jpgさて、お粥を1回、ご飯を3回炊きましたが、問題発生!
内側の底を見るとピーッ貫入が…。やな予感…と思い、裏をみるとがっつし線が入っているではないですか!
あーあ、せっかく作ったのにぃ。
何が問題だったのでしょうか?粘土の厚さ?釉薬の厚さ?釉薬と粘土の相性?それとも形が悪かったのか?どれも問題な気がしてきました。
取り合えず、ポタポタ漏れる事はないので、気にせず使っちゃいますけど…。焼成代7000円は痛いなぁー。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-12-26 01:35 | 陶芸 | Comments(7)
RESTAURANT+CAFE Dahlia~茨城県ひたちなか市
e0062114_23473652.jpge0062114_2348375.jpge0062114_23482163.jpgまたまた行って参りました。
お気に入りのダリアさんです。

左の写真は、鶏のクリームスープスパゲティ(だったかな?)のランチ、デザート付です。うまみのある鶏、そしてクリームソースがニンニクが効いてとても美味しい。
e0062114_2359760.jpge0062114_23593355.jpg右の写真はダリアプレート。
写真の通り、モリモリです。どれもとても美味しい。初めて行かれる方はまずダリアプレートを頼めば、ダリアさんの美味しさがわかると思います。ちなみに写真にはないですが、こちらのダリアプレートにもスープが付きます。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-12-16 13:45 | グルメ | Comments(0)
スープカレー心・ららぽーと柏の葉店~千葉県柏市
e0062114_20354829.jpge0062114_2036143.jpg特に何を買う訳でもなく、無印良品AIGLEが好きだというだけで、柏市に新しく出来たららぽーと柏の葉に行って来ました。
スープカレー好きな私たちは、最近、関東を中心に店舗を広げているお店スープカレー心が、ららぽーとにもあるのを知り早速食べてみました。
札幌で人気店であるのは知っていたが、まだ一度も食べておらず。でも、関東でお店を広げてるあたりが関東人向きの味かしら…という悪い先入観。札幌の人はラーメンを食べるように無言でスープカレーを食べますが、東京でスープカレーのお店に行くと、ゆっくり話しながら食べている人がけっこういたりする。それじゃあ冷めちゃうじゃない!なんて思っちゃう。別にいいのですが…。
注文したのは、旦那は納豆とオクラのスープカレー(ラビオリトッピング)、私は骨付きチキンのスープカレー(ラビオリトッピング)。早速食べてみる。なんだけっこううまいじゃない!納豆とオクラのスープカレーは納豆のコクがあって美味しい。骨付きチキンのスープカレーも、スープそのもののコクがあって美味しいじゃない!
関東地区でおいしく頂けるお店があるというのはありがたい。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-12-09 13:28 | グルメ | Comments(0)
#102 ご飯釜(3合炊き用)
e0062114_1655773.jpgずいぶん前から製作していたご飯釜がやっと完成致しました。
なかなかの出来である。とは言っても私の出来がいいのではなく、先生の腕が良かった…というのが本音。作陶時の手直し、外側の黒マットは霧吹きにて施釉したのですが息が続かず先生にやってもらう始末。デザインは私!というのだけは強く言っておこう。
炊き上がりは後日、掲載。


e0062114_1694754.jpg【data】
ご飯釜(3合炊き用)
(φ20.5×27.5cm)×1 取っ手含まず

粘土…白耐火
釉薬…黒マット、白マットオパール
焼成…酸化還元
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-12-01 16:00 | 陶芸作品 | Comments(8)