<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
「雄花開花! 定植5週目」ゴーヤ日記
e0062114_14141386.jpge0062114_1491792.jpg6月23日のゴーヤ

とうとう雄花が咲きました!
まだ55cmぐらいの大きさしかないのに咲くんだぁーなんて思っていたら、花びらが1枚少ない!
まだまだ…という事なんでしょうね。

6月25日のゴーヤ
e0062114_14213142.jpge0062114_14215095.jpg
写真左の「沖縄太ゴーヤ」と「琉球の雪」の子ヅルが伸びてきました。ネットとは反対方向の子ヅルをどうやってネットまで誘導するか、現在の悩みどころ。
いっそ切った方が良いのかな?
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-25 23:06 | ゴーヤ | Comments(4)
#93~95 ぐい呑み
e0062114_23252100.jpgまずは、黄土(6-2)も黒雲母(G-64)も混ぜていない白化粧土(N-123)をかけた物。

【data】
ぐい呑み
(φ6.0×4.0)×1

粘土…T-25
化粧土…N-123
釉薬…石灰系透明釉
焼成…還元


以下の写真が黄土と黒雲母入り化粧土をかけた物。
e0062114_22195582.jpg
写真上、左から、白(95.0):黄(5.0)、白(92.5):黄(7.5)、白(90.0):黄(10.0)、白(87.5):黄(12.5) です。どうでしょうか?細かく調合したわりにはあまり変わらないですねぇ。
写真右下は、白95.0と白87.5を並べて写真を撮ってみました。こうなると違いがわかる気がします。(写真クリックで拡大)

e0062114_22362454.jpg【data】
ぐい呑み
(φ6.0×4.9)×1
(φ6.5×4.9)×1
(φ6.2×5.2)×1
(φ6.6×5.1)×1

粘土…T-25
化粧土…N-123(6-2とG-64を添加)
釉薬…石灰系透明釉
焼成…還元焼成
e0062114_2251097.jpg
サンプルで頂いた粘土8-2でも、ぐい呑みを作成したので、一応載せました。
T-25とあまり変わりないですね。

きちんと均等に化粧をかけないとサンプルとして参考にはならないですね。
特に写真だとわかりづらいです。

それよりも!!!
化粧が濃かったんですねぇ。一応、水を混ぜたんですが甘かったらしい。あと、私の技術が足りないだけなのですが、今回、どのぐい呑みも非常に底が薄く、どれも亀裂しまくりです。水を注ぐと、あっちゅう間に水が漏れる!(まじでひどい。亀裂の向こう側の景色が見えるほど。)
9個作って、使えそうなのは1個のみ。
今回の焼成代は8000円なので、結果1個8000円かぁ。その価値はないな…。

まっでも、今回わかった事は、化粧をもっと水を入れる。自分の好みとして黄土を12.5~15.0ぐらいは入れても良さそう。黒雲母はもっと減らす。あと、削りの技術向上!

e0062114_23191820.jpg【data】
ぐい呑み
(φ6.1×5.2)×1
(φ6.0×4.7)×1
(φ6.0×4.6)×1
(φ6.1×4.7)×1

粘土…8-2
化粧土…N-123(6-2とG-64を添加)
釉薬…石灰系透明釉
焼成…還元焼成
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-24 23:29 | 陶芸作品 | Comments(8)
#92 ご飯茶碗
e0062114_16445031.jpg前回作ったご飯茶碗よりひと回り大きく作りました。が、しかし、前回のを見ながら作らなかったので、形が違う…。高台が低く、真ん中より上の部分がやや垂直方向な形の為、重なりが悪い。
考えて重ねないと、はまって取れなくなってしまう…。使い勝手をよく考えなくては…。
あと、前回のは小さめなガス窯で焼成してもらったのですが、今回は大きめのガス窯で。そのせいか、焼き上がりの色が異なってしまいました。どうやら小さい窯の方が還元が強く出るらしい。白い部分がより青白く、黒化粧が黒く深緑色でキレイだった。今回は白い部分が黄みかかっており、黒化粧が墨黒といった感じ。

【data】
ご飯茶碗
(φ11.4×5.7)×1
(φ11.7×5.9)×1
(φ11.9×6.1)×1
(φ12.1×6.0)×1
(φ12.9×6.7)×1

粘土…信楽特漉
化粧土…黒
釉薬…石灰系透明釉
焼成…還元
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-23 16:58 | 陶芸作品 | Comments(4)
「定植4週目」ゴーヤ日記
6月18日のゴーヤ
e0062114_10174481.jpge0062114_1374276.jpg
琉球の雪が伸びて来ました。
16日の天気のおかげで、グイと大きくなった気がします。太ゴーヤもあばしゴーヤも、もやしっこ苗から脱却しつつあります。
今まで位置からの撮影だと、背面の芝生でゴーヤが見づらいので、反対から撮影しました。

更新:くも丸さんのご要望?に応じて、ギブス苗に赤いリボンをつけてみました。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-18 23:58 | ゴーヤ | Comments(4)
黄土入り化粧土の素焼き後
e0062114_21473610.jpg今日、教室へ行ったら、先週、化粧土をかけたぐい呑みが素焼きされていました。

ボロボロに剥れているのではないかと心配していましたが、まったく剥れている様子はなく、ひと安心。でも、底が薄すぎた為でしょうか、高台を見るとひび割れが多数。恐らく半数は、ぐい呑みとして使用出来ない可能性あり。でも、取り合えず、化粧剥れがないので、まぁいい事にしましょう。

この時点だと、かけ分けたのに、色の違いがほとんどない。
ちゃんと黄土の量の差が出るのかな?

この後、石灰系透明釉をかけました。
来週には、本焼焼成後が見られます。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-15 22:04 | 作陶過程 | Comments(2)
つくる陶磁郎 年間購読キャンペーン
e0062114_14314121.jpg陶磁郎又は、つくる陶磁郎を年間購読した人にプレゼントされるぐい呑みが先ほど届きました!

3つあるぐい呑みの中から選べるのですが、私が選んだのは長岡正己さんのぐい呑み。

作家さんの作品を思う存分、手にする事が出来るのは非常に嬉しい!
荒々しい土の風合い、釉薬の自然な感じが素敵です。さわってみると、側面に対し、底の方が意外と厚め。
最近、私は調子に乗って削り過ぎる傾向にあるので、とても参考になります。
あと何より、手になじむ感じ。持ちやすいです。
きっと、ここが一番大事なんでしょうね。
e0062114_1438595.jpg
あと、こちらは去年頂いたもの。
佐藤和次さんの作品です。この方の作品はよく本で拝見するのですが、織部が素晴らしい!

サンプル写真では織部が施釉されていたのですが、実際届いてみると黒織部…。ちょっと残念。この目で、あの織部を見たかったー!

でも、これも、渋くて素敵です。

伝統の器 織部さんのHPに佐藤和次さんが動画で紹介されております。
作陶風景が少し見れて楽しいです。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-14 14:48 | 陶芸 | Comments(2)
「定植3週目」ゴーヤ日記
6月10日のゴーヤ
e0062114_2359410.jpge0062114_23593477.jpg
どうでしょうか、先週より大きくなったでしょうか。
写真左のあばしゴーヤが少しずつですが、葉っぱの緑が濃くなってきた気がします。
あと琉球の雪がネットにつるを巻き付けていました。

e0062114_042472.jpg先週のゴーヤの投稿で青葉くもさんよりリクエストのあった、爪楊枝(正確には竹串)ギプスのゴーヤの写真です。
左が琉球の雪、右がギプスの沖縄太ゴーヤ。
双葉が枯れ落ちたので、よりいっそう貧粗なゴーヤちゃん。小さい葉っぱながらも脇芽が出ています。折れ曲がった茎の部分より上の本葉を生かすべきか、新たに出てきた脇芽の本葉を生かすべきか悩んだあげく、そのままにしてあります。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-11 23:52 | ゴーヤ | Comments(2)
化粧かけ
e0062114_222588.jpg昨日作った黄土を混ぜた化粧土を、ぐい呑みにかけてきました。

全部で9つ。
粉引き土(T-25)で作ったぐい呑みが5つ、サンプルで頂いた粘土8-2が4つ。
それぞれに黄土をまぜた化粧土4種類をそれぞれかけ、形が歪んでいる1つに、そのままの白化粧土(N-123)をかけました。

白化粧はどぶつけが出来ましたが、他のものは、かけた…というより、外側は塗ったという感じ。
ケチったがゆえ、少ない量しかないので、どぶづけが出来ず、刷毛で塗ったくりました。
さて、どんな感じに出ますかねぇ。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-08 22:44 | 作陶過程 | Comments(6)
黄土を使った化粧土作り
つくる陶磁郎・最新号でも紹介されていた西浦商事さんより購入した白化粧土(N-123)に、サンプルで頂いた黄土(6-2)と黒雲母(G-64)を調合し、化粧土を作成しました。
e0062114_21515919.jpge0062114_21521927.jpg
西浦商事さんより「黄土を10%調合して下さい」と教えて頂いたのですが、調合方法がよくわからず、とりあえず、黄土を乳鉢にて購入した白化粧土と同じ感じに泥状に。
それを、白(95.0):黄(5.0)
     白(92.5):黄(7.5)
     白(90.0):黄(10.0)
     白(87.5):黄(12.5) の割合でそれぞれ調合し、ゴマゴマが出るようにと黒雲母を外割で1調合しました。
本来は重量で計るのでしょうが、自分がわかればいいと言う事で、体積にて調合しました。
道具は写真で見た通り、軽量スプーンにて。乳鉢以外の道具は全部100円ショップにて揃えました。邪道なところが素人ならではです。

明日の陶芸教室にてサンプル用に作成したぐい呑みに化粧かけする予定。
しかし、今、ukkyさんのブログを見てちょっと不安に…。
同じように黄土を添加した化粧土が剥がれているではないですか!
うーむ、使用する粘土でも混ぜた方がいいのかなぁ。

そのukkyさんの記事にトラックバック
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-07 22:15 | 作陶過程 | Comments(4)
「定植2週目」ゴーヤ日記
6月1日のゴーヤ
e0062114_17291116.jpge0062114_17285110.jpg
あばしゴーヤも定植致しました。(写真左)
早く、ネットに絡み付くといいですねぇ。

e0062114_1746219.jpgちなみに、これが緑のカーテンにする為のネット。(写真をクリックすると大きな写真で表示されます。)
これだけ大掛かりに作って、ひょろひょろの葉っぱしかなかったら恥ずかしいなぁ。

e0062114_17545452.jpge0062114_1757722.jpge0062114_17575831.jpg写真左から「琉球の雪」「沖縄太ゴーヤ」「沖縄あばしゴーヤ」それぞれを大きく撮ってみました。背丈だけで言うと沖縄太ゴーヤが一番高いのですが、葉っぱの数、茎の太さ、元気の良さから言うと、断然琉球の雪。早く、種組も成長しておくれ!

6月4日のゴーヤ
e0062114_1881768.jpge0062114_1883710.jpg
e0062114_18135283.jpg琉球の雪をよぉーく見てみると、花芽らしきつぼみが!
まだ背丈が20cmぐらいしかないのに花が咲くのでしょうか?ただの脇芽かなぁ。
あと、琉球の雪以外のゴーヤも、微妙ではありますが成長しているようです。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-04 17:23 | ゴーヤ | Comments(2)