<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「定植1週目」ゴーヤ日記
5月23日のゴーヤ
e0062114_1462431.jpge0062114_14142886.jpg
琉球の雪の苗はとても元気。
背丈は低いが葉っぱがしっかりとして大きい。
それに比べ、手前の種から育てた太ゴーヤとあばしゴーヤは相変わらずもやしのよう。双葉は大きいが、本葉が2cmぐらいしか大きくならない…。

5月25日のゴーヤ
e0062114_15181568.jpge0062114_15183977.jpg
太ゴーヤのポットから根が出てきたので定植しました。
一段と琉球の雪と比べると貧粗である。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-05-28 14:05 | ゴーヤ | Comments(4)
「ダニ?」ゴーヤ日記
e0062114_184453.jpg5月15日のゴーヤ

発芽しそうだった苗がいつまでたっても発芽しないのでよく見てみたら、なんとダニ?らしき害虫が芽を食い荒らしているではないですか!!
よく見るとプランターの土の上にもいっぱい歩いている、不快だ!
あわててダニ・アブラムシなどに効く除虫菊成分の駆除剤を散布するも無駄なのか?
e0062114_1141555.jpg

大きさは0.3~0.5mmほど。
頑張って接写してみました。


e0062114_1194732.jpg5月19日のゴーヤ

保険的な意味も含め、苗を1つ買いました。
“琉球の雪”という白ゴーヤです。
やはり、市販の苗は茎も太く、葉も大きく、力強い!
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-05-21 23:30 | ゴーヤ | Comments(0)
「補強」ゴーヤ日記
e0062114_1113495.jpg5月8日のゴーヤ

あばしの成長が目覚しいですが、茎が折れた太ゴーヤが痛々しいです。
e0062114_1145343.jpg5月10日のゴーヤ
e0062114_1165393.jpg5月12日のゴーヤ

日照不足を補う為、天気の良い日は外に出しています。しかも、日の傾きに応じて、置く場所も変える過保護ぶり。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-05-14 23:10 | ゴーヤ | Comments(0)
黒鳥の親子~千波湖
e0062114_16132356.jpge0062114_16211498.jpg
千波湖の脇を車で通ったら、大きな鳥の群が。
思わず車を停めて、鳥さんのいる所へ向かいました。

最初は白鳥に目が止まったのですが、近くまで行くと黒鳥が沢山いる事!
しかも、黒鳥親子もいました。

2~3m離れて見ていたのですが、逃げる様子もない。人間に慣れてる様子。

しかし、餌付けをしていたカップルがヒナ鳥に近づき過ぎ、親鳥に威嚇されてました。
おバカさんですね。餌付けなんかするから。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-05-07 15:20 | 動物 | Comments(0)
「さらにもやし化」ゴーヤ日記
e0062114_1375198.jpg5月1日のゴーヤ

あばしゴーヤの種も2つポットに。
日光不足のせいか、太ゴーヤはどんどんもやし化。
e0062114_13125038.jpg5月2日のゴーヤ

いっこうに根が出そうもない種を含め、すべてポットに移植。
e0062114_13193565.jpg5月3日のゴーヤ

ちょっとでも日光をと外に出したら、一番背の高い苗がポッキリ折れてしまいました…。あわてて添え木をしています。
e0062114_1323437.jpgあばしゴーヤの発芽してきました!
e0062114_1359132.jpg5月5日のゴーヤ

あばしゴーヤが続々発芽してきました。
e0062114_1415192.jpg5月6日のゴーヤ

日光浴させています。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-05-07 12:03 | ゴーヤ | Comments(0)
第25回 陶炎祭~茨城県笠間市
e0062114_2113598.jpg陶炎祭に行って参りました。
GWと言う事もあって、会場の周りは渋滞!
車を停めるのも一苦労。
笠間最大イベントとあって、いろいろな地域から来ているようです。

お腹を空かせた私たちは、会場内の屋台で、お好み焼き(yakimono.takanoさん作)とドイツ風いももちを堪能。

さて、本題の陶芸ですが、まずはyakimono.takanoさんこと高野利明さんの作品をじっくり見させて頂きました。粉引きとマットな赤い釉薬の作品が素敵!
e0062114_22101665.jpge0062114_22121615.jpgここは個性的な作品ですねぇ。匠のまつりの時も目を惹いたのを覚えています。哀愁かつ、ユーモアがあって、なんてかわいらしいでしょう。
この作家さんの工房にちょっとお邪魔してみたいなぁ。このお人形が作られてる様を見てみたい!沢山いるんでしょうねぇ、この子たち。圧巻でしょうなぁ。
e0062114_22202186.jpge0062114_22204355.jpg最後は本田あつみさん(あっ同じ名前!)という方の作品。
今回、いろいろ見た中で一番グッときたお店でした。
なんていうんでしょうか、かわいらしいですよね。思わずご本人に「こんな器作ってみたいです!」と言ってしまいました。
e0062114_2192444.jpgで、今回、購入したのはコレ。
色合いは同じでもどれも違うデザイン。悩んだあげくこの器に。お気に入りの1枚になりました。
(クリックで拡大写真)
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-05-04 12:10 | 陶芸 | Comments(2)