<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
回廊ギャラリー門~茨城県笠間市
e0062114_1592982.jpg回廊ギャラリー門というのを知り、ぜひとも行ってみたいと笠間へ。

“陶の小路”なるものを散策したが、どうもコレ!という窯元がなかったのが残念だったが、目的である回廊ギャラリー門はとても素晴らしいギャラリーでした!
外観はこんな感じ。
外観は、まぁ普通ですが、中に入ってびっくり!

e0062114_15144283.jpgなんとも素敵な回廊である。
中庭をぐるりと取巻く回廊には、笠間の素敵な器たちがずらり。
いろいろな作家さんの作品がありますが、どれも洗練されており、店主のこだわりが感じられる。

昨年11月に行われた第16回匠のまつりにもあった作品がけっこう置いてありましたが、笠間の作家さんの中で店主の御目がねに叶った物だけが置かれてあるといった感じ。
それだけ、こだわりがある。
e0062114_1529596.jpg 今回、購入したのは加賀たいちさんのドーム鍋。
いつも、鍋焼きうどんなどを作る時は、ほんとに鍋(ステンレス)で出していたので、これはいい!と思い、購入致しました。

それにしても、これはどうやって作ってるのかな?
たたら?ろくろ?
シンプルなようで、難しそうだ。私には作れないなぁ。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-03-25 14:50 | 陶芸 | Comments(0)
梅まつり~偕楽園
e0062114_22374545.jpg茨城に引越して来て間もない頃、車で偕楽園の横を素通り。
「これが偕楽園かぁ」と思いながら、夕日に映る“まりも”のような生垣がとてもかわいらしく思いました。

そして、その偕楽園に。
梅まつりが開催されているというので、せっかくの晴天、これは行かねば!
前回紹介した県庁そばのサトー食品さんへ行き、お弁当を1つ購入。

なんとも、この緩さがいいですねぇ。
この好文亭から、水戸様が庶民が梅に戯れるさまを見ていたのでしょうか。

好文亭に入れば、梅林を望む事が出来たのでしょうが、庶民である私たちは律儀?に梅を近くで観賞。なんとも爽やかな香り。いいですね、梅って。

e0062114_2249539.jpgよく器なんかに梅の絵が描かれている事がありますが、まさに、梅って梅なんだぁと実感。

実は梅を生で見るのは初めてだったりする。北海道や青森には梅がないのかな、考えた事がなかった。

桜なんかも、子供頃からよく見ていた桜は八重桜。ソメイヨシノような淡い色の桜を沢山見たのは大人になってからの様な気がする。

私って、日本人が好む日本の文化をあまり知らないかも。
北海道育ちってそういうもんなんだろう。
未だに、瓦屋根と竹林に感動してしまう。

梅がらみと言う事で、ukky_tgさんのブログにトラックバック!
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-03-25 13:30 | その他 | Comments(2)
#88 ご飯茶碗
e0062114_13225553.jpg
ご飯茶碗にと作りましたが、小鉢ほどの大きさになってしまいました。
でも、形、色、共にイメージ通りに。
なかなか良い感じです。
次回、このデザインでもう少し大きい物を作ろう。

【data】
ご飯茶碗
(φ9.8×6.5cm)×1
(φ10.8×7.0)×1
(φ10.9×6.8)×1
(φ11.1×7.0)×1

粘土…信楽特漉
化粧土…黒
釉薬…透明
焼成…還元
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-03-23 18:00 | 陶芸作品 | Comments(2)
サトー食品~茨城県水戸市
e0062114_114565.jpgyakimono.takanoさんのブログ“陶芸生活日記”で紹介されていたあるお店へ行きました!

奇跡はここ、水戸にあったのですね!!!

感動しました。
茨城の名物、偕楽園、梅、納豆、干し芋、あんこうを勝るとも劣らない素晴らしい物が。
その名も、茨城県庁のそばにある「サトー食品」というお弁当屋さんです。

こっこれが500円ですよ。
いやー、写真じゃあ伝わらないなぁー。このボリューム。
写真のお弁当は、フタを開けたままの状態。
大胆な盛り付けで、実はおかずは二層だったりするのです。一層目のおかずをよけたら、まぁ出てくる出てくる。
量がすごいと質が落ちがちだったりしますが、お味も満足。
茨城に引越して初めてグッと来たお店でした。

今更ながらyakimono.takanoさんのブログにトラックバック!
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-03-18 13:27 | グルメ | Comments(2)