<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
宇都宮餃子 みんみん・正嗣~栃木県宇都宮市
そして、この日最後に訪れたのは宇都宮。
横手の焼きそばにしろ、札幌のスープカレーにしろ、庶民的な食べ物が盛んな町は大好き。

一応、前日、人気のお店をリサーチ。
とりあえず、2軒はじごする事になりました。

e0062114_15545839.jpg e0062114_1555335.jpgまず最初は餃子専門店 みんみん
ご覧のとおり、長蛇の列である。
我家で食べる餃子は白菜餃子が多いのですが、宇都宮餃子はキャベツ餃子なのかな?とても甘く感じました。何より、野菜の分量がとても多く、あっさりとしておいしい!
皮は薄めでパリッと良い焼き加減。
初めての宇都宮餃子、良い印象。
e0062114_1664832.jpg e0062114_167925.jpgそして、お次はぎょうざ専門店 正嗣
ここも並んでますねぇ。
並んでいると、お店のご主人が立て看板を持って現れた。最後尾に並んでいた男性に「悪いけどこの看板持ってくれる?」と頼んでいた。そこには閉店の文字。次々と来るお客さんに「もう餃子ないそうです」と告げていました。いやぁ、もう少し遅かったら食べれませんでした、良かったー。
さて、お味はというと、みんみん同様、あんはあっさり、皮は薄めでパリッとしていてうまい!
これが、宇都宮餃子なんですねぇ。

笠間、益子、宇都宮ともりだくさんの楽しい1日でした。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2005-11-03 17:00 | グルメ | Comments(0)
益子陶器市~栃木県芳賀郡益子町
e0062114_23272772.jpg笠間の次は益子。

益子は賑やかで楽しい!
陶器市らしい安い器もあれば、若者が好む雑貨屋さんのような器屋さんもある。
メインの通りから枝分かれのように、いろいろなお店が点在し、その中には個性的なモノが多く、見ごたえある。

e0062114_23412744.jpg自作のミニ窯で焼成をしているところも。
こういうのを間近で見られるのは陶器市らしい。出来れば、焼成前、焼成後のサンプルなども置いているといいなぁーと思いました。
こういうミニ窯を作り、自宅でやるのが憧れだが、あんなにボウボウと燃え上がる火柱を見たら、「こりゃ無理だな」と実感。

さて、ここ益子で購入したのは真山茜さん作のモスモスと呼ばれるモノ。
こうれはもうもう、一目惚れでしたね。
e0062114_23535194.jpge0062114_23542426.jpg
とてもシンプルだが、こんなかわいらしい花器はない。
三段重ねにして飾っていたが、思いのほか上まで水が上がらず、すぐ苔が乾いてしまう。
なので、結局、平置きに。

BROWSE.ne.jpというフラワーショップのサイトに真山さんの作品が紹介されていますが、モスモス以外の作品もどれも個性的で素敵。
まずは、私も炭化焼にチャレンジしたいなぁ。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2005-11-03 15:00 | 陶芸 | Comments(0)
第16回 匠の祭り~茨城県笠間市
e0062114_15442758.jpg茨城に引越して早々、笠間で焼き物のお祭りがあると言うじゃないですか!これはもう行かないと!
茨城といえば、納豆、干し芋…より、やはり焼き物!趣味とは言え陶芸をしている私にはたまらない好物である。

笠間芸術の森公園で行われた「第16回 匠のまつり」のお写真です。
郊外から来られたと思われるリュックを背負った団体さん。思わず感動。

数年前に友人の住む鹿児島へ行った時、薩摩焼に連れて行ってもらったが、その時は「これが薩摩焼!」と明確な物があったが、はたして笠間焼ってなんだろう?と正直疑問。
でも、なんだろうなぁー、新鋭的というか、挑戦的というか、けっこうめずらしいデザインの物がありました。
e0062114_1664076.jpgで、ここで購入したのがコレ。
マットな透明な釉薬に青磁の釉薬で円を描くようにデザインされた、とてもおしゃれな器。
中村孝夫さんとういう方の作品。笠間では山口瓦店というお店に置いているらしい。
焼物市ならではのアウトレットを購入。気にならない程度の黒い点々が。だから安かったのね。
他にもたくさん素敵な作品があったが、手が出ず断念。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2005-11-03 01:00 | 陶芸 | Comments(0)