#145 ご飯釜
e0062114_17212864.jpg昨日、焼き上がった、ご御飯釜を引き取りに行って来ました。

【data】
#145 ご飯釜
(φ22.0×15.0cm)×1 (取っ手含まず)

粘土…白耐火
釉薬…飴釉
焼成…酸化


と、dataを書いたものの…、
e0062114_17214274.jpg…!
本体と蓋が一体化しております!
実は、3日に先生から連絡があり、焼成に失敗したとの事。
本体と蓋の間にえんごろ土を挟んで焼いてもらったのですが、なんと焼成中に地震が…。すでに窯の温度は800度。仕方なくそのまま焼いたところ、そのえんごろ土が本体の内部に落ちてしまい、蓋と本体が釉薬で一体化した状態で焼き上がってしまったのです。
まぁ、仕方ないですね。負け惜しみじゃないですが、焼き上がったご飯釜を見ると、なんかイマイチなんですよね、形も色も…。飴釉なのに、柿釉みたいです。とろーっとした飴っぽい、透明感のある色を想像していたのですが、マットっぽいです。薄くかけ過ぎたのでしょうか。形もありきたりで安っぽいし。
e0062114_1722449.jpgと言うわけで、再度チャレンジ!
形も今までと違ったものに。はて、色はどうしようかなぁ。やっぱり黒マット釉かなぁ…。しかも、取っ手の形が想像つかないです。いっそのこと、取っ手つけない方がいいかなぁ…と、いろいろ思案中。

【関連記事】
ご飯釜ver.2の釉かけ(01/29)
ご飯釜ver.2の削り(01/22)
ご飯釜ver.2(01/18)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-02-06 17:50 | 陶芸作品 | Comments(6)
Commented by etsumalo at 2009-02-06 21:55 x
やはりあるのですね~私も師匠と 「また阪神大震災級が来たらどうする?」って話をしながら、釜を一段一段積み上げていきます。自然には勝てませんよ!頑張りましょう!!
Commented by hibiki at 2009-02-06 22:51 x
わ~残念・・・
持ちやすそうだなって思っていたので残念・・
素敵だからどうにか取りたくなります!
取れなくなったときは作品をタオルでまいて
木づちで叩いたりしてますが、さすがに難しいかな・・・
次の作品も楽しみにしています~
Commented by atsumi_ceramicart at 2009-02-07 11:46
■etsumaloさん、こんにちは。
焼成中に、阪神大震災級の地震だなんて…、考えただけ恐ろしい…。1000℃以上の高温のモノが倒れ、壊れるんですから。作品の出来栄えなんて、どうでもいい話ですよね。今更だか、教室に消火器等の防災用具とかあるんだろうか?疑問。
Commented by atsumi_ceramicart at 2009-02-07 11:49
■hibikiさん、こんにちは。
いやぁねぇ、どうしますかねぇ?頑張って蓋が取れたところで、底には釉薬とがっちり着いたえんごろ土がありますからね。ま、いずれにせよ、思いっきり、蓋を破壊してみたいと思っています。待ってろ!土鍋!みたいな心境です(笑)。
Commented by sannougama at 2009-02-08 01:41 x
写真で見る限りはいい感じですなぁ~・・・じつに惜しい!
蓋の外側、本体縁の外側から柔らかい木でコンコンと叩いていくと鈍い音のするようでしたら、更に強くたたいていくと取れるかもしれません。
水に漬けながら叩くと良いという人もいます。
えんごろ土はタガネやペーパーで擦ると少しは取れます。
Commented by atsumi_ceramicart at 2009-02-09 12:35
■sannougamaさん、こんにちは。
試しに、コンコン…と叩いてみましたが、そんなレベルではないようです(笑)。最初っから、一体化した土鍋を作りたかったんじゃないかと思うほど。
せめて、本体だけでも生かして、焼き芋用の土鍋として利用出来ないかな…と思っています。
<< Q1 ホットクミックス~韓国 「きのこポット」カファレル~兵... >>