#142 シュガーポット
e0062114_12281865.jpgしずくという名で蓋モノの入れ物を作っていましたが、用途はシュガーポットです。
シュガーポットのほとんどは、スプーンを入れる為の穴が設けられており、どうもその穴が格好が悪い!と思っておりました。と言う訳で、スプーンごと入れちゃえって事で、しずく型のシュガーポットを作成致しました。
e0062114_12333178.jpgで、お砂糖を入れた感じ。
技術が未熟うえ、重量感のあるシュガーポットになってしまいましたが、持って使うモノではないので、まぁいいかなぁと。
e0062114_12361475.jpgが、しかし、蓋が閉まらない…。
あぁぁ…、これでは、何の為にこの形にしたのか意味がありません。せっかく作ったのですから、無理やり?にでも、このシュガーポットに入るスプーンを手に入れようと思います(笑)。

【data】
#142 シュガーポット
しずく・大(φ9.0×13.0cm)×1
しずく・小(φ8.0×13.5cm)×1

粘土…半磁器
釉薬…石灰系透明釉
焼成…酸化

【関連記事】
しずくの色かけ(11/21)
しずくの削り(11/15)
しずく(11/06)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2008-12-01 12:43 | 陶芸作品 | Comments(6)
Commented by ふみ at 2008-12-02 17:47 x
はじめまして、いつも楽しみにしています♪

とっても可愛いシュガーポットですねぇ~
何になるのかなぁ~っと楽しみにしていたので、お~っなるほど!
シンプルで、オブジェにもなっちゃう優れものですね!

あの…、欠けてしまった口の部分は上手くいったのですか?
それから、先の方をくにゅっと曲げたのは、焼成で戻ったのでしょうか?
いっつも見に来るばかりでしたが…どうしても気になってしまい
質問ばかりの初コメですみません。

それと…参考にさせて頂きつつ、ゴーヤのカーテンもトライしました!
うちには犬が居るのですが、とても気持ちよ良さそうに昼寝してました♪
時期外れの報告ですね(汗)
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-12-02 20:59
■ふみさん、こんばんは、初めまして。
自分から振っておいて、何も言っておりませんでした!スミマセン!
えー、欠けてしまった縁は、無事、接着出来ました!先生が窯入れの時に、釉薬を接着剤代わりに、はめて焼成してくれました。もちろん、ひび割れは残ったままですが、きちんと着いています。
あと、小さい方のシュガーポットの先は、素焼きの時に、ヤスリで削っちゃいました。まぁ、厚めに挽いたおかげ(?)ですかねー。
失敗ばかりの陶芸、しかも陶芸とは関係のない猫やグルメなど、統一感のないブログですが、エビ共々見て下さると嬉しいです!また何かありましたら、どうぞ、ご質問下さい。
Commented by nagomi-perori at 2008-12-03 13:21
出来上がりましたね~!
つるんとしてて、すごく可愛いです!
スプーンが入らなかったのはちょっと残念ですが…(^^;
良いのが見つかると良いですね~
もしくはスプーンも作っちゃいますか?(笑)
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-12-04 01:41
■nagomi-peroriさん、こんばんは。
いやー、なんとか完成しましたー。蓋と本体を一緒に挽くのって難しいんだなぁと実感致しました。作ってみなければわからないモンですね。
スプーンですが、現在、100円ショップで買った計量スプーンを折り曲げで使用としています。かなりダサいので、再度、検討しなおします。
Commented by toubounonki at 2008-12-04 19:37
このスプーン・・・・持ってますよ、おおきいの(笑)。
「しずく」に合うスプーンが見つかるといいですね。
でも、一番下の写真の蓋が閉まらなくて小人チックなの・・・ちょっと私好みです(笑)。

あ、それと先日道新のネット記事の情報、ありがとうございました~!!
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-12-04 21:07
■toubounonkiさん、こんばんは。
片口普及推進委員会、お疲れ様でした。大盛況だったようで何よりです。
スプーンですが、なかなか良いのないですね。nagomi-peroriさんの言うとおり、作っちゃった方がいいのかなー?なんて思ったりしますが、私の怪力で折っちゃいそうで…。
ちなみに、写真のスプーンは友人からの結婚祝いで頂いたものです!大きいのもありますよー。
<< #143 湯呑み茶碗 「お刺身」エビ日記 >>