#136 花器
e0062114_13595079.jpge0062114_1401626.jpge0062114_140574.jpg
たくさんの色化粧を使いましたが、それぞれの色が基本的に渋い色なので、派手さはないです。
写真では色の違いがわかりづらいですが、実際見ると、もう少し色の違いがハッキリしています。
ダンナ曰く、どこかの民族っぽい色だねと。確かに。

【data】
#136 花器
(φ10.6×12.0cm)×1

粘土…古信楽(粗目)
化粧…鬼板、黄、オレンジ、青、緑化粧
釉薬…還元用織部、石灰系透明釉薬
焼成…還元

【関連記事】
花器に化粧(09/11)
花器の削り(09/05)
花器を作る(08/28)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2008-09-22 14:14 | 陶芸作品 | Comments(2)
Commented by sannougama at 2008-09-22 23:06 x
還元用織部と聞いてなんのことかと思ってたら? (そんなのあるの?)
ホントに還元でも緑色になるんですね・・・・始めてみました。
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-09-25 16:58
■sannougamaさん、こんにちは。
そうなんです!酸化でも還元でもどちらでも緑色が出る釉薬があるんですよ。不思議ですね。
陶芸ショップコムさんというお店で売っていたものです。
 www.tougeishop.com/item/tougei_yuuyaku/t0710/t0710_3/t0710019.htm
陶芸家さんは、このような市販の釉薬はお使いになるのかわかりませんが…。
<< 「エビ玉」エビ日記 #135 花器 >>