#131 時計
e0062114_23122666.jpg時計が焼き上がりました。
素焼きの時に化粧土を濃い目に刷毛塗り。そのまま一気に本焼きをしたせいか、すごいひび割れ状態に。個人的には好みの質感なのですが、強く触るとポロッと剥がれてしまいます。これはいけませんねぇ。
あと、sannougamaさんのご指摘通り、キレイな平らになりませんでした。沈まないように道具土で抑えてもらったところが、逆に盛り上がってしまいました。仕方ないです。軽く透明釉薬を刷毛塗りしたのですが、この仕上がりなら釉薬なんぞかけず、文字盤を下にして焼けば良かったのかもしれません。
失敗作の時計ですが、それなりに満足。今後の作陶の教訓になりそうです。
e0062114_23195852.jpg吊り下げた様子の写真です。
ワイヤーが細いので、吊るされているのが目立たないです。
あと、安定性ですが、少しだけ、前のめり気味。見た目の違和感はないですが、地震が来たら、一番にお知らせしてくれそうです。

【data】
#131 時計
(φ24.0×3.3cm)×1

粘土…近江黄御影
化粧…白化粧(N-123)に黄土(6-2)と黒雲母(G-64)を添加、鬼板
釉薬…石灰系透明
焼成…還元

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。

[PR]
by atsumi_ceramicart | 2008-07-12 23:57 | 陶芸作品 | Comments(8)
Commented by aky at 2008-07-13 10:17 x
オッシャレです♪なかなか上手くはいかないものですねぇ。使う方は何でも簡単にできる気がしてしまうものですが、作り手はこうやって苦労しているんですね。
改めて奥深さを感じます(今日はまともです、笑)
Commented by toubouen at 2008-07-13 20:19
ひび割れた感じが いい感じ だと 思いました。
白化粧 N-123 ってなんですか?

Commented by atsumi_ceramicart at 2008-07-14 01:22
■akyさん、こんばんは。
オッシャレですか?ありがとうございます。細かいところを抜きにすれば、とても気に入っています。もし、私がプロだったら、この時計は売り物にはならないでしょうね。プロの陶芸家の方の苦労が少し、垣間見れた感じが致します。
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-07-14 01:28
■toubouenさん、こんばんは。
私も、このひび割れ感が気に入っています。ただ、強く押すとポロッと剥がれてしまうのは、まずいですよねぇ~。自宅用なので、あまり気にしていませんが。
さて、N-123ですが、西浦商事(www.artclay.biz/)さんが扱う、化粧土の商品名です。いろいろな原料を扱っている粘土屋さんです。なかなか好みの化粧がなく、西浦商事さんのHPを発見。いろいろ相談に乗ってくれるとても良いお店です。
Commented by nagomi-perori at 2008-07-14 23:19
おされです!!
確かに、真ん中は下がって来ちゃいますよね…
私はこれと同じ方法でデザートプレートを作りました。
真ん中が落ちるのを狙って…(^_^;
でもすごく雰囲気が良いので、改良していけばすごくステキなのが出来そうですよね!
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-07-15 08:49
■nagomiperoriさん、おはようございます。
もしかしてそれは、師匠tenstoneさんがブログで紹介していた技法のですか?あれ、すごく気になっています。素人の私でもちゃんと出来るのか、どうなんだろうと思っていたんですよー。
Commented by toubouen at 2008-07-16 20:45
ありがとうございます。
HPみてみます。
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-07-17 00:26
■toubouenさん、こんばんは。
いつだったか、つくる陶磁郎で西浦商事さんで扱っている原料が特集になった事がありまして、その時は、問い合わせが殺到したそうです。HPでは、ただ商品名が一覧されているだけなので、どんなものなのかわかりずらいですが、とても熱心で良心的なお店だと思いました。もし、気になる材料があった時は尋ねてみて下さいね。
<< 「開花! 定植7週目」ゴーヤ日記 植木鉢 >>