#122 マグカップ
e0062114_15243259.jpgルンゴカップならぬ、マグカップが完成しました。思いのほか、小さく出来てしまったので、実質ルンゴカップなのかしら。
それよりも、透明釉の塗り具合を間違ったか、6個のうち3個に装飾をしたのに、柄が全部流れ潰れてしまいました…、あーぁ。最近、釉薬の失敗が多いなぁ。
まぁでも、今回は内側の乳白が縮れることなく上手に焼き上がりました。何より、取っ手がいい感じ。幅広に薄く仕上げたせいか、とても持ちやすいです。
e0062114_15155783.jpg【data】
#122 マグカップ
(φ6.8×6.8cm)×1
(φ7.2×6.9cm)×1
(φ7.3×7.4cm)×1
(φ7.4×6.2cm)×1
(φ7.4×6.7cm)×1
(φ7.6×7.3cm)×1

粘土…信楽特コシ
化粧土…鬼板
釉薬…石灰系透明釉、乳白
焼成…還元

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2008-03-14 15:30 | 陶芸作品 | Comments(10)
Commented by えりぃ~ at 2008-03-14 21:06 x
おぉ!いい感じじゃないですか!
装飾が流れたとはいえ、前回の縮れもないですし…。
取っ手がある物は作らないのですが、
その重要性はひしひしと感じています。
薄くて幅広は確かに使い易い!
Commented by hibiki at 2008-03-14 22:16 x
柄が消えれしまったのは残念ですが
とてもいい感じですよ~飲み物をいれた感じがまたいいですね!
美味しそうです!
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-03-14 23:25
■えりぃ~さん、こんばんは。
いい感じですかッ!ありがとうございます!
今回はかなり意識して乳白を薄くかけました。酸化焼成と比べると、還元場合は、薄っすら青っぽくなるんですね、収穫でした。
そう言えば、えりぃ~さんの作品は取っ手ものがないですね。リンクしてあるtenstoneさんも取っ手ものはほとんど作らないそうです。彼曰く、和の器にどうしても惹かれるらしく、洋の器はあまり作らないそうです。えりぃ~さんもそんな感じなのでしょうか?
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-03-14 23:28
■hibikiさん、こんばんは。
珈琲が合うカップが出来て、自分なりに満足しています。
柄が消えてしまった為に、同じような器が6個…。ちょっと持て余してしまい、どう処理するか悩みモノですが…(笑)。
Commented by nagomi-perori at 2008-03-15 01:03
良い感じですね~
カップの取っ手って、難しいですよね!
今回、マグを20個作って、そのうち1個だけ自分用に装飾し、
取っ手を付けたら、間違って短かった…
まぁいいか~と思って焼いたら、その取っ手がすごく持ちやすく、
他のは大きすぎでした…(^_^;
下の半磁器の器、鬼板大丈夫と思いますよ~
半磁器に鬼板塗って、ひっかき…をやりたいと思い、最近鬼板を購入しました~
Commented by えりぃ~ at 2008-03-15 10:08 x
取っ手もの談議。
確かにtenstoneさんの作品には取っ手ものが無いですねぇ…。
私の場合、tenstoneさんのような深い考えは無くて、ただ単に興味が無いというか(笑)…自分の暮らしの中にも取っ手ものって少ない。
引き出物で貰ったものと彼が昔から使ってあるのくらい。
でも興味が無いと言いつつ、去年行った益子の陶器市では片っ端から取っ手ものを見て触って取っ手の重要性を感じたのでありました。
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-03-15 10:36
■nagomi-peroriさん、こんにちは。
取っ手は、本当に難しいですよね。その人の指の太さによって持ちやすいかどうか変わると思うのですが、それを踏まえて、万人受けにしなくてはいけないところがあります。
以前通っていた陶芸教室では、先生が作られた取っ手の石膏型がありました。ものすごく持ち易かったです。長年の経験がここに集約されているんだろうなぁ…と実感。
今回はうまく取っ手が作れましたが、次回もうまくいきますかね…?イマイチ、良い取っ手の条件がわからずにいます。
それと、鬼板のアドバイスありがとうございます!中鉢のリブの部分に鬼板塗っちゃおうーっと!
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-03-15 10:54
■えりぃ~さん、こんにちは。
ただ興味がない!なるほど、わかり易いお答えですね(笑)。きっと、必要性を感じていないんでしょうね。
私の場合は作るのが面倒臭い、必要な時に作ろうかな…と思う程度ですが。でも、実用的な形もさることながら、カップとソーサーが一体化になっている姿はちょっと惹かれるかなぁ。
Commented by aky at 2008-03-15 12:52 x
紅茶の国、イギリスではもともと取っ手が無かった・・・という話を聞いた事があります。(確か水戸市の紅茶館)不便だと思った人がつけたんでしょうかね?
ステキなatsumiさんらしいカップですね♪今度はこれでコーヒーを・・・
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-03-15 17:29
■akyさん、こんにちは。
へぇ、そうなんですかぁ。
そういえば、どっかの国で、飲み物をソーサーに移して、すすって飲んでいたという話しを聞いた事があります。昔の作法が今では下品になったりするのですから不思議ですよね。
現世でも、韓国ではお茶碗などを持ってご飯を食べるのは下品なんですよね、海を挟むと作法もずいぶん違うものです。
<< 「FURminator」エビ日記 半磁器粘土 >>