#117 ルンゴカップ
e0062114_942466.jpge0062114_9423185.jpge0062114_9442461.jpg
ひどい仕上がり…。
ギリギリまで釉薬をかけようと、慎重になったせいか、内側の釉薬が厚過ぎて、縮れてしまいました。
まぁそれ以前に、ルンゴカップのわりに小さ過ぎてしまいました。
どれも、使えん!今年の〆がこれかと思うと、なんだか消化不良な感じです。また来年に持ち越しですねぇ。
(写真クリックで大きい写真が表示されます。)

【data】
ルンゴカップ
tatami (φ7.8×6.0cm)×1
     (φ7.8×5.8cm)×1
     (φ7.4×5.8cm)×1
     (φ7.6×4.8cm)×1
ara-tatami (φ6.9×6.5cm)×1
sen (φ7.0×5.8cm)×1
happa (φ7.0×5.0cm)×1

粘土…信楽特コシ
化粧土…鬼板
釉薬…石灰系透明釉、乳白
焼成…還元

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2007-12-28 10:01 | 陶芸作品 | Comments(12)
Commented by aky at 2007-12-28 11:03 x
アーティスト・atsumi先生、こんにちは!
この前頂いた底に穴が開いたボウルはとうちゃんがビミョ~な草を植えてしまい、こちらも消化不良です・・・そして「Blogu!」は今年は今日で終わりです!atsumiさんに触発されてブログ始めてよかったです。本当に感謝してます。来年もヨロシクお願いします☆
Commented by atsumi_ceramicart at 2007-12-28 12:27
■akyさん、こんにちは。
微妙な草…(笑)、どんな草を植えられたのか気になりますねぇ。
もう少し、まともな器をプレゼント出来たらいいんですけど。良い作品が出来た、その日には…。
Blogu!は今日でお終いですか、お疲れ様でございます。
こちらも、いつもコメントを寄せて頂いて感謝しております。
また、来年も宜しくお願い致します。
Commented by えりぃ~ at 2007-12-28 16:37 x
あぅっ!
残念っ!
どうにか使えないものですかねぇ?!
可愛いカップなのにぃ…。
また来年という事で、お互いがんばりましょう♪

今年はブログでのやりとりが出来て楽しかったです。
また来年もよろしくお願いします。
良いお年を♪
Commented by nagomi-perori at 2007-12-28 16:54
あぁ!デザインがステキなだけに惜しいですね!!(泣)
ぜひリベンジしてください!

それでは、良いお年を~!!
Commented by atsumi_ceramicart at 2007-12-28 17:51
■えりぃ~さん、こんばんは。
使う事は可能なのですが、飲み進めると同時に、白い脳みそのような釉薬が見えるのは不快です(笑)。
まぁ、仕方ないですね。次回作の教訓に致します。
以前、yahoo!のblogを利用していたのですが、なかなか陶芸関係の書き込みが増える事がなく寂しい感じだったのですが、exciteに移してからは、陶芸関係の方の交流が増えたように思えます。
えりぃ~さんと陶芸談議が出来て私も楽しかったです。
来年も宜しくお願い致します。
あ、民子さんに宜しくお伝え下さい…とエビが申しております。
Commented by atsumi_ceramicart at 2007-12-28 17:55
■nagomi-peroriさん、こんばんは。
自分なりにいろいろ細工した方なので、失敗すると痛いですねぇ。
次回、また頑張ろうと思っています。
ちなみに、ダンナは無地が希望なので、次回は引っかき傷はないかもしれません。
nagomi-peroriさんは、独立、個展…と、陶芸家さんとして大きな1年だったようですね。なかなか私には踏み出せない世界なので、頼もしくblogを拝見しております。
来年も、宜しくお願い致します。
Commented at 2007-12-28 23:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by atsumi_ceramicart at 2007-12-28 23:23
■上の鍵コメさん、こんばんは。
いえいえ、二重かけはしていませんよー。
外側は、鬼板、その上を薄く石灰系透明釉薬を刷毛塗り。
内側は、乳白のみをかけました。暫くぶりの釉薬なのにもかかわらず、水などを足すことなく、そのまま使ってしまいました。さらにふちギリギリまでかけようと思うあまり、時間がかかってしまったようです。
ちなみに粉はきちんとスポンジで払うなどの作業をしたので、やはり厚かけが一番の理由かと…。
かけている時すでに、「厚いなー」と思ったものの、ここまでとは…。自分の未熟さを痛感するばかりです。
Commented by tenstone at 2007-12-28 23:44
もう一度、剥げてる部分に濃いめの乳白を埋めて焼いてみるといいと思います。
自分で使うのなら十分に対応できると思いますよ♪
Commented by atsumi_ceramicart at 2007-12-29 00:10
■tenstoneさん、こんばんは。
見て頂けましたか、この白い脳みそを…。
こんな恥ずかしい有様を載せるのはどうかと思いますが、こうやってアドバイスを頂けて、とてもありがたいです!すべて全滅では、あまりに悲しいので、使えそうなやつを、ぜひ、実行してみようと思います。
どうもありがとうございます。
Commented by dora at 2007-12-31 21:36 x
こんばんは~寒いですね。
厚がけになったんんですね。私は、濃すぎて、とぎれとぎれに、
ちぢれたことがあります。素敵なデザインだったのに残念ですね。
私は、むらになったとこにだけ、釉薬つけて、もう一度、焼いてもらいまし
たが、やっぱり、地肌の茶色が出て、いまいちの出来でした。私の場合は、外側ですが・・・5客そろいのコーヒーカップでした。今も、奥の方にしまわれた状態です。

また、来年もおじゃまさせてくださいね。
よい、お年をおむかえください。
エビちゃんもね~。
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-01-02 19:27
■doraさん、明けましておめでとうございます。
いやーな予感はあったんですよね…。でも、まさかここまでとは思いませんでした。
tenstoneさんの助言通り、いくつか、釉薬を埋め込んで焼き直ししてみようと思っていますが、成功するかどうか…。
ま、仕方ないですね。次回の教訓に致します。
<< 「長いよ」エビ日記 「木登り」エビ日記 >>