#101 角皿
e0062114_20502861.jpgずいぶんと渋い器を作ってしまいました。
もっと、酸化ビードロと織部が溜まるのを狙ったのですが、飛んでしまった感じ。もっとたくさんかければ良かったのでしょうか?
渦巻きの切れ込みが深いので、使いづらそうである…。

【data】
角皿
(23.0×23.0×3.0cm)×1

粘土…T-25
化粧土…N-123(6-2とG-64を添加)
釉薬…織部、酸化ビードロ、石灰系透明釉
焼成…酸化
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-09-15 20:55 | 陶芸作品 | Comments(4)
Commented by ukky_tg at 2006-09-16 10:19
本当に渋いですね。
ビードロと織部の溜まり、惜しかったですが、でも十分カッコイイ!!
存在感のある角皿ですよ。
私だったら何に使おうかな~?
Commented by atsumi_ceramicart at 2006-09-17 00:51
早速、今日、料理に使いました。
と言っても、桃ちゃん餃子ですけど(笑)
もう少し、深めのお皿だったら、煮魚とか合うんでしょうねぇ。
Commented by kikumomo_jp at 2006-09-26 16:07
とても存在感のあるお皿ですね、玄関に飾ってもステキ・・・
Commented by atsumi_ceramicart at 2006-09-26 22:28
思うところはたくさんありますが、確かに、存在感のある器ですよね。
手作り特有の安っぽさがなく、重みのある器になったと思います。
<< 「定植17週目」ゴーヤ日記 「定植16週目」ゴーヤ日記 >>