つくる陶磁郎 年間購読キャンペーン
e0062114_14314121.jpg陶磁郎又は、つくる陶磁郎を年間購読した人にプレゼントされるぐい呑みが先ほど届きました!

3つあるぐい呑みの中から選べるのですが、私が選んだのは長岡正己さんのぐい呑み。

作家さんの作品を思う存分、手にする事が出来るのは非常に嬉しい!
荒々しい土の風合い、釉薬の自然な感じが素敵です。さわってみると、側面に対し、底の方が意外と厚め。
最近、私は調子に乗って削り過ぎる傾向にあるので、とても参考になります。
あと何より、手になじむ感じ。持ちやすいです。
きっと、ここが一番大事なんでしょうね。
e0062114_1438595.jpg
あと、こちらは去年頂いたもの。
佐藤和次さんの作品です。この方の作品はよく本で拝見するのですが、織部が素晴らしい!

サンプル写真では織部が施釉されていたのですが、実際届いてみると黒織部…。ちょっと残念。この目で、あの織部を見たかったー!

でも、これも、渋くて素敵です。

伝統の器 織部さんのHPに佐藤和次さんが動画で紹介されております。
作陶風景が少し見れて楽しいです。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2006-06-14 14:48 | 陶芸 | Comments(2)
Commented by ukky_tg at 2006-06-15 00:32
私は、内田綱一さんの引き出し黒のぐい呑みをもらいました。
昨年は、吉田明さんの三島。
毎年、どれにするか迷いますよね♪
さて来年は?(^ ^)
Commented by atsumi_ceramicart at 2006-06-15 12:08
内田綱一さんのぐい呑みを選ばれたんですね、そのぐい呑みとどちらにしようか悩みました。
どのぐい呑みも、本当、素敵ですよね。
それにしても陶磁郎さんはこんな大盤振る舞いして大丈夫なんだろうか?と思いますよね。
<< 黄土入り化粧土の素焼き後 「定植3週目」ゴーヤ日記 >>