ボウルの釉かけ
e0062114_21523046.jpg全体に石灰系透明釉をかけ、御深井釉で装飾してしました。焼き上がりは、透明感のある青白磁の色に、御深井のガラス質の水色が少し流れるように装飾されているのが理想。

【関連記事】
ボウルの削り(07/04)
磁器土でボウルを作る(06/26)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2013-07-10 21:51 | 作陶過程 | Comments(0)
<< 「フォカッチャサンド」tru... #215 小皿 >>