#189 大鉢
e0062114_1352367.jpgどっどうなんでしょう?
胆礬が思ったよりも強く出てしまったのと、ベンガラが剥がれてしまっていますが、それなりに面白い仕上がりかなぁと。でも、色合いを述べる前に、タテに亀裂がたくさん入ってしまい、器として使えません。なぜ、こんなにも亀裂が入ってしまったのでしょうか?化粧だから?水挽きに無理があったんでしょうかね…。

【data】
#189 大鉢
(φ29.0×7.0cm)×1

粘土…信楽粗目
化粧…白化粧(黄土入)、ベンガラ
釉薬…透明、渋織部、胆礬
焼成…還元

【関連記事】
大鉢の装飾(08/17)
大鉢の削り、化粧、そして釉薬かけ。(08/10)
リム付き大鉢を作る(08/03)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2011-09-13 14:04 | 陶芸作品 | Comments(2)
Commented by sannougama   at 2011-09-18 01:15 x
渋織部?・・・初めて聞きました、どんな色なんでしょうか?
胆礬?・・硫酸銅のことですよね、鉄ッぽく見えますが?グリーンが濃くなったかな?  ふちの傷ですけど作りでこうなるとしたら土が悪くて可塑性がないかな? 削りのときか乾燥のときに無理した? それとも、素焼きのときに重ねすぎたからかな?
Commented by atsumi_ceramicart at 2011-09-19 03:05
■sannougamaさん、こんばんは。
渋織部は、陶芸ショップコム( tougeishop.com/ )さんで販売している還元でも織部釉薬なんです。私が購入したのは渋織部ですが、もう少し鮮やかな織部もありますよ。
さて、ご指摘の通り、土が悪かったのかなー?と、今更ながら思い出しました。土がカチコチで強引に挽いたような気がします。それにしてもたくさんの亀裂…!
あと、胆礬(たんばん)ですが、先生のをお借りしたので詳しくは知りませんでしたが、検索すると硫酸銅のようですね。渋織部と胆礬のバランスが逆だったかなーなんて思っております。
<< マグカップもしくはフリーカップ 「定植16週目」ゴーヤ日記 >>