#185 大皿
e0062114_2057363.jpg釉薬を刷毛で塗ったせいか、ムラが出てしまいました。特に中央部分、文字のベンガラが滲んでしまったようです、残念!やはり、薄めの透明釉を、どぶがけすべきだったんでしょう。
あと、化粧ですが、思ったほど表情が出ず。なんて言うんでしょうか、少し融けてる?化粧のテクスチャが平らになってしまった感じ。んー、融けやすい化粧、融けづらい化粧ってあるんですかねぇ…。

【data】
#185 大皿
(φ31.0×4.5cm)×1

粘土…信楽特コシ粘土
化粧…白、黄、ピンク、ベンガラ
釉薬…透明釉、渋織部
焼成…還元

【関連記事】
大皿の汚し(06/08)
大皿の装飾(06/01)
大皿を作る(05/25)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2011-07-05 21:19 | 陶芸作品 | Comments(2)
Commented by nagomi-perori at 2011-08-02 01:29
ずいぶん遅くなりましたが、ステキに焼けましたね!
私はこういうセンスが無いので、「かっこいいなぁ…」と想いました~
実物も見てみたいモノです…^^;
Commented by atsumi_ceramicart at 2011-08-02 13:01
■nagomi-peroriさん、こんにちは。
ずいぶん前の記事なのに、掘り起こして下さってありがとうございます!
正直なところ、まだまだ迷いのある仕上がりで、お恥ずかしいんですが、褒めて下さって嬉しいです。
<< 中鉢の削り 「定植6週目」ゴーヤ日記 >>