#171 飯碗
e0062114_14525041.jpg教室にいた方が「ルーシー・リーの器みたい」とおっしゃっていたのですが、ちょっと気恥ずかしい…。ルーシー・リーさんの器はとても素敵で大好きなのですが、真似て作ったと思われたのは心外ですかね…。本当は、とろーりとした焦げ茶にしたかったのですが、滲んだ感じに。これが二酸化マンガンの特徴なのですね。

【data】
#171 飯碗
(φ12.0×6.3cm)×1
(φ12.5×6.0cm)×1

粘土…白
釉薬…白鳳マット、二酸化マンガン
焼成…酸化

【関連記事】
削り方(08/20)
ようやく再開!(08/13)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2010-09-13 14:51 | 陶芸作品 | Comments(2)
Commented by etsumalo at 2010-09-30 23:23 x
すごい~どんどん腕が上がってません~うらやましい。個展も近しですよ。私 購入したいですよ、本当に。
Commented by atsumi_ceramicart at 2010-10-04 23:20
■etsumaloさん、こんばんは。
いやいや、これは、tenstoneさん所有の釉薬のおかげですよ。私の腕はそんなに上がっていません~!ただ、以前よりは、無駄な削りが少ないかなーとは思いますが。
<< 蕎麦猪口改め小鉢の削り #170 飯碗 >>