#166 一輪挿し
e0062114_134871.jpg生育の悪い野菜のように、頭があちらこちらに傾いている、そんな一輪挿し。狙った訳ではないので、不格好に見えるかもしれませんが、まぁそれも味?個性?なのかしら?お花を生けると、それなりに見える気がします。
素焼きで底にヒビが入ってしまった2つは、本焼きでさらにヒビを広げ、水を入れると、勢いよく水が流れ落ちます。母が何か植物を植えようとしています。かろうじて花器に留まっているようです。

【data】
#166 一輪挿し
(φ5.2×9.5cm)×1
(φ7.0×10.5cm)×1
(φ6.0×11.4cm)×1
(φ7.0×12.0cm)×1
(φ6.0×13.0cm)×1

粘土…桂15号
焼成…炭化焼成

【関連記事】
また、ヒビが…。(03/27)
一輪挿しの削り(03/23)
一輪挿しを作る(03/19)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2010-04-21 01:21 | 陶芸作品 | Comments(0)
<< 「はいはい道新」エビ日記 「おやつ屋さん」六花亭~北海道... >>