#165 土鍋
e0062114_197316.jpg土鍋が完成。
前回、内側の釉薬が、クレーター状にボコボコになったので、今回は、内側の釉薬も吹き付けにて施釉、その結果、鮫肌のような感じに焼き上がりました。まぁ使えない訳ではないので、まぁいっかと一安心。でも、道具土を挟んだとしても、蓋を合わせて焼かない方がいいと言うことでしょうか?そもそも焼き方が違う…という事なんでしょうかね。
なかなか完璧にはいかないです。

【data】
#165 土鍋
(φ23.0×12.0cm)×1
※取っ手含まず

粘土…白耐火粘土
釉薬…黒マット
焼成…還元

【関連記事】
土鍋の取っ手(03/09)
土鍋のリベンジ!(03/03)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2010-04-03 19:05 | 陶芸作品 | Comments(2)
Commented by kazbizen at 2010-04-14 19:51
モダンな風合いの土鍋ですね!
まだ一度もチャレンジした事が無いのですが(備前焼は直火にはかけられないので他の土で作るしかないのですが)難しいそうですね!
Commented by atsumi_ceramicart at 2010-04-16 20:44
■kazbizenさん、こんばんは。
そうですよね、備前焼には鍋がない!
火にかけたら、パカンを割れてしまいそうです…。でも、備前の風合いの鍋があったら格好良さそうです。
私なんぞが作れるのですから、kazbizenさんなら、格好良いの作れそうです!
<< 「アメリカンショートヘア」エビ日記 「下船」エビ日記 >>