#164 小皿
e0062114_1929191.jpg6枚あった小皿ですが、素焼き後、紙やすりをかけている時に割ってしまったのと、本焼きでも1枚、合計2枚割れてしまいました。
今回は還元のかかりが弱く、半磁器を酸化で焼いたのと、あまり風合いが変わらないような…。でも、つるつるの磁器はやはりいいですね、洗いやすい。しかも、この形は、刺身皿としてももちろん、ふつうの小皿に比べ、たくさん入るので、取り皿としても重宝します。

【data】
#164 小皿
(φ10.5×2.3cm)×4

粘土…有田磁器
釉薬…石灰系透明
焼成…還元

【関連記事】
磁器土の小皿の削り(02/10)
磁器土で小皿を作る(02/03)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2010-03-13 20:11 | 陶芸作品 | Comments(2)
Commented by kazbizen at 2010-03-17 18:57
清涼感あふれ出す素敵なうつわですね!
いつも備前焼ばかり目にしていますのですごく新鮮に感じます!
大きさも程よく多様皿として使えそうですね!

Commented by atsumi_ceramicart at 2010-03-17 22:23
■kazbizenさん、こんばんは。
そうですか!清涼感ありますか!何より使いやすいところが気に入っていますが、まだ、おやきをチンするのにしか使っていません…。
備前でも、こういう形の器があっても素敵だなーってちょっと思ってしまいました。
<< 「リーフパイ」洋菓子舗ウエスト... 「ニーさん!」エビ日記 >>