中華料理天満~茨城県那珂市
e0062114_17311521.jpg国道349沿いに、スナックや居酒屋などの飲食店などが集まるセルロードセンターという施設があり、なんとなく古臭くてショボイ感じがどうも近寄りづらい。そのセルロードセンターにある中華料理天満さん。思い切って入ってみました。
店内の飾りつけは中国っぽい飾り付け、期待が持てる!と思ったら、やはり、中国の方がやられているお店のようですね、厨房とのやり取りは中国語でした。注文したのは酢豚定食と、回鍋肉と、ライス小、そして注文にはないスープが付いてきました。日本人用に工夫はされているのかもしれないけれど、本場っぽい香ばしさを感じる。美味しい!定食は酢豚以外にもいろいろあるのですが、どれも盛り沢山!那珂市に行きつけの中華料理屋さんがなかったので、良いお店を発見出来て良かった!しかも、営業時間が確か11時から深夜1時だか2時だった気がします。途中、準備時間があるものの、すごい働くなぁと感心…。

【data】
酢豚定食(酢豚、小ラーメン、サラダ、お漬物、ライス、杏仁豆腐) 980円
回鍋肉 680円
ライス小 150円

中華料理天満
茨城県那珂市菅谷2370-1

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2010-02-01 18:47 | グルメ | Comments(2)
Commented by etsumaloダンナ at 2010-02-02 16:39 x
中華料理店はファンキーな店構えな方が穴場だったりしますよね,コーデルリャンガー!
うちの行きつけの中華料理屋は「龍ちゃん」というナイスな名前で,ロケーションも山の端の薄暗い地方道沿いと,これまた敷居の高い店ですが,味も価格もリーズナブルです。
Commented by atsumi_ceramicart at 2010-02-03 13:41
■etsumaloダンナさん、こんにちは。
我が家は、高級なお店やオシャレなお店は苦手なので、こういったお店はありがたいです。でも、庶民的であればあるほど、当たりはずれの振り幅が広いので、当たった時はとても嬉しいです。
「コーデルリャンガー!」ってどういう意味かしら?と思い調べたら、「鍋貼両個」という意味なんですね。今度、焼き餃子を注文した時は、注意深く聞いてみようと思います。
<< 磁器土で小皿を作る 「プロフィール」エビ日記 >>