#160 土鍋
e0062114_14542549.jpg最近、我が家で流行りの、生鮭のホイル焼き。野菜やらキノコやら満載にホイルに包んでしまったせいか、オーブントースターで焼くには時間がかかってしまいました。だったら、直火で土鍋で蒸し焼きにしてはどうだろう?と、浅めの土鍋を作る事にしました。蒸し焼きが目的なので、あえて蓋に穴はなし。そもそも、私が作る蓋物は、蓋の精度がそれほど高くはないので、穴なんかいらないんじゃないかと、ずっと自問自答しておりました。で、結果的に正解!最初にご飯を炊いてみたのですが、蓋の縁からシューッと吹きあがる程度で、ガスレンジが汚れない!いい感じ!目的の生鮭の蒸し焼きも、ふっくらジューシーに蒸し上がりました。
さて、作陶過程に問題になっていた歪み…。取っ手方向に引っ張られたんでしょうか、2mm取っ手方向に大きい…。しかも、まっすぐ上に蓋を引き上げようとすると、縁が引っ掛かって、蓋が外れません!斜めにスライドさせるように持ち上げるとちゃんと外せますが。売り物なら絶対アウトなんでしょうが、自宅用なので良しとすることにしました。あと、28cmもの土鍋…。収納場所がなく、オーブントースターの上に乗せたまま。早く、収納場所を確保しないと。

【data】
#160 土鍋
(φ28.0×12.8cm)×1 ※取っ手含まず

粘土…白耐火
釉薬…黒マット
焼成…還元

【関連記事】
浅めの土鍋の削り(11/06)
浅めの土鍋を作る(10/28)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-12-07 15:33 | 陶芸作品 | Comments(0)
<< ホームページが新しくなりました! 「霧の森大福」霧の森菓子工房~... >>