古堂陶窯 趙斗彦~韓国
e0062114_18413223.jpg韓国に旅行へ行った母からお土産を頂きました。
韓国の陶磁器と言えば、青磁、白磁、粉青。これは粉青というやつでしょうか?細かい細工の施された、可愛らしくも凛とした器です。この模様はハンコではないと、お店の方が説明されていたとの事。だとすると、ひとつひとつ掘って、白化粧を埋め込んでいるのでしょうか?日本の三島手と似ていますが、技法も違うのでしょうかね?気になります。
ちなみに、母には、「青磁か白磁の現代作家の器が欲しい!」と、青磁と白磁の写真入りメールでリクエスト。しかしながら、青磁でも白磁でも現代作家でもない、この器。「青磁の器じゃないんだね?」と聞くと、「え?青磁の器が欲しかったの?」と…。青磁も白磁もたくさん売っていたらしいのですが、いろいろ吟味しているうちに、いつのまにか青磁の器は欲しくない…と結論に達したらしい(笑)。まぁ母らしい思考回路。
でもね、こうやって、可愛らしいこの器を見ていると、青磁や白磁じゃなくて、この器で良かったなぁと思っていますよ、マジで。母、ありがとうございます。

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-06-12 19:16 | 陶芸 | Comments(4)
Commented by hibiki at 2009-06-14 09:25 x
お母さん可愛いですね~

>いろいろ吟味しているうちに、いつのまにか青磁の器は欲しくない…
  と結論に達したらしい
って可愛い・・・
でも気持わかる気もします
最初欲しいと思っていたものと、全く違うものを選んでしまうことって
ありますものね・・・
一生懸命選んできてくれた作品 可愛いですね。
atsumiさんがどのように使われるか、楽しみです!
Commented by atsumi_ceramicart at 2009-06-15 14:38
■hibikiさん、こんにちは。
あはは、可愛いですか。周りにいる人間は、呆れますけど(笑)。まぁ、今始まったことじゃないですからね、母らしいと思うことにしています。
さて、この器、普段使うにはもったいない感じです。飾り棚があればいいのですが。そもそも、こういった形の器は、韓国ではどのように使っているんですかね?日本だったら、抹茶茶碗かな。韓国にも日本のような茶道があるのですかねぇ。
Commented by wanko at 2009-06-16 11:53 x
お母様、atsumiさんの母上だけあっって、センスがいいなぁ。
韓国は陶芸では日本の先輩だから、やっぱり興味あります。
今年、韓国行きたかったけど、友人1名のスケジュールの都合で中止です。
来年は別の友人と行きたいなぁと思ってます。(鬼が笑う?)
Commented by atsumi_ceramicart at 2009-06-16 13:53
■wankoさん、こんにちは。
そうですか?センスいいですか?母も喜びます。数年前、実家をリフォームした時、食器の整理をしたのですが、和、洋問わず、色々な器を持っているなぁと関心したモノです。
さて、韓国旅行ですが、あまり円高の恩恵は感じられなかったと言っていました。まぁ、参加したツアーにもよると思いますが、あまり行きたいお店に行けなかったからだと思います。casaの韓国の器特集の記事を読むと、現代作家さんが買えるお店も限られているようです。いずれにせよ、たくさん下調べをした方が、旅行は楽しめそうです。ぜひ、楽しい韓国旅行を~♪
<< 「ネット」エビ日記 一輪挿しを作る >>