#151 ご飯茶碗
e0062114_12352171.jpg
釉薬のかからない焼き締めの器を、ご飯茶碗に使うと、ご飯粒がくっついて使いづらいのではないかと思いましたが、そうではないのですね。うまい具合に、ご飯に水分を吸って、くっつく事もなく、とても使い易いです。
そして、素焼きの時にひび割れた底は、ひびが広がることなく、ぐっと焼き締まって目立たなくなり、水漏れもありませんでした。ところが、もう一方の器に、よーく見ると薄っすらひびが…。水を入れると、コーヒーフィルター並みに水が漏れ出します…。お茶漬けにしなければ問題なく使えるので、我家のレギュラー入りに決定致しました。

【data】
#151 ご飯茶碗
(φ12.0×7.5cm)×2

粘土…桂15号
焼成…炭化焼成

【関連記事】
炭、投入!(05/15)
底のひび割れ(05/05)
炭化用の削り(04/23)
炭化用の成形(04/17)

←工芸ブログランキングに参加中、クリックをお願いします。
[PR]
by atsumi_ceramicart | 2009-05-28 12:57 | 陶芸作品 | Comments(2)
Commented by sannougama at 2009-05-29 00:58 x
炭化の作品はどれを見てもいい色にあがってますね。炭を入れた状態や
窯の感じを想像していましたが、思った以上にいい感じに焼きあがっているみたいです。 ・・・・たぶん土がいいからだと思います??でしょうか?
Commented by atsumi_ceramicart at 2009-05-29 14:46
■sannougamaさん、こんにちは。
確かに、いい土なのかも!西浦商事さんという粘土屋さんに、直接尋ねて、オススメの粘土を購入したので。教室にある赤土でどのようになったのかわかりませんが、この桂15号は、窯変が出やすく、炭のいぶしが出やすい土らしいです。
<< 「キラ★ネズ」エビ日記 寿し 浜しゃぶ ちゅう心~茨城... >>